ブログトップ

歌屋のハナウタ

utaya.exblog.jp

主婦、母、そして歌屋である私の活動と独り言

ちょっと、おとなになりました。

夜、お出かけから帰ってきました。
ザリガニの水槽を覗いた主人が「ザリガニ、もう一匹飼ったの?」と聞きました。
「えっ?ドラゴン一匹だよ。」と答えると、
「だって一匹生きてるけど、一匹死んでるんだもん。」と言うではありませんか。
今日、実は、家の鍵をかけ忘れて出かけたので、空き巣が入り、ザリガニを一匹入れてったのでは?などという、ありえない話をしてちょっとの間、楽しんでおりました。
結局のところ、ドラゴンは脱皮をしていたわけですが、朝はなんでもなく、いつものように土管の中にいたんです。
私たちの留守中に、たった一匹で頑張ったんだなーと思うと、なんだか健気に思えます。
ザリガニにとって、脱皮は命がけだそうです。
脱皮の下手な子は、命を失うこともあるのだそうで。
でも、年に8回くらい脱皮を繰り返す物もあるのだとか。
今朝より少し大きくなったドラゴンに、「おめでとう。お疲れ様。」と話しかけたのでありました。


さて、今日はもう一つ嬉しいことが。
幼稚園に行ってきたヒードンに「お手紙、何かもらってきた?」と聞くと、一通の封筒を出しました。
キティーちゃんのかわいらしい封筒です。先生からいただいたにしては、かわいらしすぎる。
聞くと、同じクラスの大好きな女の子からもらったのだそう。
中を見ると、「こんど、うちにあそびにきてね。」という言葉と、かわいらしい絵が書かれていました。
ヒードンも嬉しかったようで、何度もお手紙を見たり、もって歩いたりしてました。
どんなお返事を書こうかと、何だか私のほうがウキウキしてしまいました。
[PR]
by tacae | 2005-10-09 00:40 | こんな出来事