ブログトップ

歌屋のハナウタ

utaya.exblog.jp

主婦、母、そして歌屋である私の活動と独り言

2005年 10月 27日 ( 1 )

何の?って、東京で幼稚園くらいのお子さんをもつお母様だったら、「そうねー。今年もそんな時期ね。」なーんて言って、話に花が咲くんですけど。
それは、私立幼稚園の願書提出です。
都内の私立幼稚園の願書提出が、11月1日いっせいに始まるのです。

この辺りは子供が多いのか、面接や抽選で半分近くのお子さんが入れないという幼稚園が、かたまってます。
うちの幼稚園も、かつてお受験幼稚園として有名だった、マンモス幼稚園です。
募集人数も多く170人位ですが、それをこえる260人くらいの方が面接にこられるようです。
どこからそんなに子供が集まってくるのだろう?といった感じです。

上のマーギラスの時は、私も7:00過ぎに願書提出の為、並んだ覚えがあります。
でもそれは、面接の日にちを絶対に一日目にしたかったからです。
面接二日目の日は、奈良で歌うことが一年前から決まっていたので。
要するに、私の都合です。
ヒードンのときも、やはり奈良行きと重なり、7:30に並びました。
7:30に並んでも受付番号60番なんです。
すでに、59人の人が朝から並んでいるのです。すごーい!
私なんか歌の仕事がなければきっと、10:00くらいに行ったに違いないのに。

「面接では子供が自分の名前が言えないと駄目。」とか、「早生まれは難しい。」とか、「泣いたら入れない。」とか、いろんな噂が飛び交っています。
近所の方々にも「面接、なに聞かれましたー?」という質問を受けるようになりました。

今年もまた、その時期がきたのです。
なんとなーく落ち着かないんですよね。
[PR]
by tacae | 2005-10-27 22:50 | こんな出来事