ブログトップ

歌屋のハナウタ

utaya.exblog.jp

主婦、母、そして歌屋である私の活動と独り言

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近テニススクールの日に限って、子供の行事が入ってしまい、月に二度くらいのペースでしか通えていません。
他の日に振替をすればいいんだけど、適当なクラスがないんですよ。
このまま、テニスをしなくなってしまうのは嫌なので、あえてカテゴリーにテニスの欄を作ってみました。

テニスは中学のときに一年間、軟式テニスをしていました。
一年間でやめてしまった理由が、とてもくだらないんですが、蝶々が嫌いだったからです。
蝶々が近寄ってくるだけでも逃げ回っており、とてもテニスをするまでに至りませんでした。
ところが蝶々は嫌だと言うのがわかるのか、私のほうばかりによってくるんですよねー。
黄色いラケットが原因だったのかも知れませんが。
今でも実は嫌いなんですが、子供の手前、そんなことも言ってられないので、がまんして捕まえたりしてます。(>_<)/
話はとびましたが、そういう訳で軟式の経験がちょこっと。
後は、高校時代に何回か屋上でしたのと、大学の授業でやったくらいですかね。

子供の頃に球技をよくやっていた人はセンスありますね。
球に対して変に構えないというか、やっぱり馴れてるんですね。球の扱いが。
私は幼い頃、あまりボール遊びをしていませんでした。
そうそう、主人との出会いが野球だったので、デートは公園でキャッチボールが多かったんです。
その頃が一番、ボールに触れたのかなあ・・・
そんな私がするテニスですから、ご想像つくと思います。
結婚前から10キロくらい太っちゃて体は重いし、足も動かない。
これは、トリノオリンピック選手、男子フィギュアの高橋大輔くんのステップを真似て、練習しないといけませんね。(ただの欽ちゃん歩きになりそうだけど;)

そんなことで、このテニスの項目も毎週更新していきたいと思います。
よろしくお願いしますー。
[PR]
by tacae | 2006-02-17 23:59 | テニス
今日は、銀座へ行きました。
子供のクラスのママと、クラス委員さんへの一年間の思いを込めたお礼としての、プレゼントを買いに行ったのです。
街中、バレンタインであふれておりました。
レストランだって「バレンタインメニュー」なんていうものもありましたし、デパートのチョコ売り場は人・人・人でごった返していました。
ミキモトの前には、ハート型にスミレが植えられており、なんとも「今日のチョコのお礼、ミキモトでお願いね。」と言っているようでありました。

そんな景色を横目に、一緒にいたママ友が言いました。
「そうそう、あれは銀座だったわ。」
当時、会社勤めをしていた彼女は、上司や部署の人たちにチョコを買おうと思い、会社の友人と
銀座のデパートへ行きました。
いつも2万円くらいになってしまうので、あらかじめ5万円をお財布に入れていたそう。
そんな大金は普段持ち歩かない。
なのに、そんな時に限って、いつの間にかお財布がすられていたのだそうです。
いえいえ、そんな時だからです。
人ごみでチョコを選んでいる女性を狙って、すりをはたらく人がいるんですね。
皆さんも気をつけましょう!

今日、息子達もそれぞれチョコや、お手紙をもらったようです。
マーギラスは、今朝「バレンタインかーどうせくれる人もいないし・・・」なんて言ってたのですが、
かわいらしい手作りのハートの封筒に入った、小さなチョコをもらってきました。
「ほら、OOちゃんから。三人しかもらわなかったんだよ。」
と自慢げです。
弟ヒードンは、いつもお手紙をくれる子から、今日もお手紙をもらってきました。
「なんて書いてるの?」字がまだ読めないヒードンは聞いてきます。
「わたしは、ひろたかがだいすきです。」
早速、返事を書いていました。
あいうえお表を見ながら、一字一字。
いつも字の勉強を嫌がるヒードンが、こういうことで勉強する意欲が湧くとは。
二人にとっては、いい日になったようです。

私は、まだ帰ってこない主人を心待ちにしています。
主人の為に銀座のチョコレート屋さんで、奮発してチョコを買ってきました。
たくさんあったチョコの中、私の好みで選びました。
だって主人に渡した後、食べるのは私なんだもん♪
あー楽しみ。
[PR]
by tacae | 2006-02-14 23:43 | こんな出来事
とうとうトリノオリンピックが始まりましたね。
昨日、開会式を見ました。
たかだか開会式と、ちょっとバカにしていましたが、面白かったです。
聖火塔、あれは六本のスパゲッティーかしら?と思ったり。
選手入場の時にプラカードを掲げていたイタリアーナのお姉さん達のドレス、よーく見るとスカート部分が雪山で、スキーを滑る人形がくっついてたり。
国歌は九歳の女の子が歌っていたし。(可愛かったし、きれいな声だった。)
スキージャンプの人絵(?)は笑えたし。
あっという間についた聖火も良かった。
一番驚いたのは旧ロシアから独立した国など、無知な私の知らない国が多いこと。
うちの地図も買いかえなければと、思いました。
そして閉めにパヴァロッティーの歌。トゥーランドットの『誰も寝てはならぬ』。
それから寝ずに、女子モーグルの予選、決勝を観たのはいうまでもありません。
日本、メダルには届きませんでしたが、大変気持ちのよい競技でした。
今夜もなかなか寝れず、テレビにかじりついています。
[PR]
by tacae | 2006-02-13 00:03
十年、月に一度通ってきた奈良ですが、今年いっぱいまでとなりました。
建物の老朽化にともない、施設が移ることになったからです。
来年からは、関東近辺になることでしょう。
残すところ一年をきり、あと10回なんですねー。
10年間通っていたのに、知らない所も多く、行ってみたい所へも、未だ行けていません。


奈良は私にとって、成長の場でした。
ここで歌い、心で歌う事を学び、いろんな方と出会い、そして…父を天国へ見送った…
残された奈良での時間、どこまで成長できるかな?
体の(横にのびる)成長は、止まって欲しいんですが。
ああ、今回も美味しそうなものが私を誘惑している…
[PR]
by tacae | 2006-02-10 22:17
明日から、また奈良へ行きます。
4泊5日です。
こうやって文字にしてみると、とても長い期間行ってる感じがします。
しかし、明日は子供の幼稚園が終わって、子供のお友達のピアノレッスンをしてから出発なので、奈良へ着いて寝るだけなんですが。
それでも、毎回子供たちを2日も休ませているのに、「いいわね。鹿さんによろしくね。」と言ってくださる先生方に感謝してます。
4月になってマーギラスが小学校へ通うようになったら、もうこんなこともできませんね。
あと2回かな・・・
今回も、楽しんできまーす!

という訳で、コメントなどが外からできませんので、ご了承ください。
なるべく、携帯から更新はしていきたいと思いますが。
それでは、行ってまいりまーす!!
[PR]
by tacae | 2006-02-08 21:43 | こんな出来事
d0045895_2241938.jpg

お友達に薦められて、この本をよみました。
もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、いつも長々と少しづつ読んでいる私が、あっという間に読んでしまった程面白かったので、ご紹介します。

「佐賀のがばい(すごい)ばあちゃん」という、もとB&Bの島田洋七さんがかいた実話です。
島田さんのお父さんは、広島の原爆後に様子を見に行って被爆し、島田さんが生まれる前に亡くなったそうです。
その後、お母さんが広島で居酒屋をやりながら、女で一つで島田さんとお兄さんを育てますが、
まだ幼い島田さんの教育環境を考え、佐賀のおばあちゃんのところで育ててもらうことにしたのです。

ここまで読んで「えっ?広島?」とかなり親近感がわいてきました。
まるでお隣さんのような、そんな気持ちです。
というのも、主人の父母が広島出身ですし、おばあちゃんや親戚が広島に居るからです。
私も年に二回くらいは広島へ行きますから。

島田さんは小学校二年から、中学卒業まで佐賀のおばあちゃんの家で暮らしました。
それは、何もない貧しい生活。
けれど、いつも明るく前向きな、そして豪快なおばあちゃんとの生活が描かれています。

何もない、シンプルな生活・・・
「子供に読ませたいよ。」と薦めてくれた友達は言いました。
私達の父母くらいの年代の方は、「昔はみんなこうだったよ。」と仰るかもしれません。
でも、このがばいばあちゃんの明るさに、ポッと心に明かりがともるような、そんな気持ちになります。
この本の続編など、シリーズで三冊ほどあるそうなので、まだ読んでいらっしゃらない方、いかがですか?

徳間文庫の単行本で、でています。
[PR]
by tacae | 2006-02-06 22:04 | おすすめ
d0045895_21332927.jpg
d0045895_21332985.jpg
d0045895_21332989.jpg

♪今年の恵方は南南東~♪
というCMの歌にのり、恵方巻をほおばり、その後子供たちお手製のお面をかぶって、豆まきをしました。
玄関から外へまめをまくと、よその家からも「鬼はー外!福はー内!」という声がにぎやかに聞こえてきます。
家の中にまく分は、子供の好きなキャンディーやキャラメルを混ぜてまきます。
写真右は、幼稚園で作ってきた 豆入れ のポシェットです。
それいっぱいに落花生やキャンディーをひろいました。

年々、歳の数だけの豆を食べるのが、大変になってきました。
子供たちは「たくさん食べれていいなー。」
と言いますが・・・


そういえば、前に川崎の神社でお相撲さんと並んで、裃つけて、豆まきをし、その後コンサートをするという仕事がありました。
まく豆の中には、あたりくじも入っており、テレビや洗濯機なども当たるので、それはもうすごい人の数でした。
しかしあの日も、前の日に食中毒になりふらふらだったんです。
豆をまくのがやっと、ひきつった笑顔で歌っていたことでしょう。
思えば、あの年からこの時期にお腹をこわすんですよねー。

この間のノロウィルス、お陰さまで治りました!
今日は、さっそくテニスしました。
一瞬減った体重も、今日の恵方巻でもとに戻っちゃったナー。
[PR]
by tacae | 2006-02-03 21:33
あー、月初めから調子がわるいなんて・・・トホホ
ノロウィルス、なかなか手強い相手でした。
今朝起きたときは、気分もよく「もう治った!楽勝じゃん!!」なんて思ってたんですけどね・・・

でも思い返してみると、この時期はいつも具合が悪いんですよ。
毎年毎年、節分の前にお腹をこわしてるような。
お腹に鬼が住んでいて、節分を前にひと暴れしているのでしょうか。

ということで、情けない話ではありますが、今日はもう休むことにします。

おやすみなさい。ZZzz・・・
[PR]
by tacae | 2006-02-01 20:29 | こんな出来事