ブログトップ

歌屋のハナウタ

utaya.exblog.jp

主婦、母、そして歌屋である私の活動と独り言

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アカヒレの稚魚が気になったまま、九州へ行って帰ってきました。

「いったいどうなってるかしら?」心配しながら水槽をのぞくと・・・

す、すごい~。

13匹だった稚魚がうようよと、倍以上に増えて水面に浮かんでいるではありませんか!

数えようとするんだけど、それこそうようよと泳いでるので、はたして何匹いるのか・・・?

親とクチボソのクッチーが入ってる大きな水槽にも、生き延びている二匹の稚魚を発見!

しかし、次の日、一匹がいなくなっていました。☆になったんでしょうね。

クッチーに狙われてたから。

大きな水槽はまだまだ、オスの求愛合戦が盛んにおこなわれています。

その後をクッチーがついて歩く。なぜって?

そう、卵の落ちるそばから、食べあさってるから。

くそ~クッチーめ。引っ越しだわ。

ということで、早速、エアーポンプ付き水槽を購入。クッチーのお引っ越しとなったのです。

そんな午前中でした。


そんな暇ないのに~~~。なにやってんだろ?
[PR]
by tacae | 2008-06-12 23:18 | アカヒレ
今日は誕生日だ。


周りに「おめでとう」と言っていただいて、思い出す。


また忘れていると「おめでとう」とメールをもらう。


みんなの言葉って、有難い。


ああ…そうか。また一つ歳をとったんだなぁ。

いくつになったんだっけ?

本当に分からなくなり、西暦から計算してみる。

う~ん…(ΘoΘ;)


歳はとるけど、気だけは若く!これでいきましょう。



ちょっと体に気を配りながらね。
[PR]
by tacae | 2008-06-10 17:49
d0045895_947784.jpg

d0045895_947885.jpg

d0045895_947867.jpg

土曜日から九州に来てます。

最初は福岡の博多近くに一泊。
昨日レンタカーで熊本県に入り、阿蘇で一泊しました。
今日、これから歌って夜に帰ります。
今回は、子供達と姉と母と、仕事を兼ねての旅行になりました。


写真は熊本城。あいにくの雨でしたが、趣があって良かったです。


二枚目は阿蘇で。ホテルの部屋からの眺め。温泉が気持ち良かった~。


三枚目は福岡の大名にある、有名な某ラーメン屋さんのお手洗い。見たことある人もいるのでは?
トイレットペーパーが並んでて、びっくりでした。


また帰ってから、ゆっくり書きますね~。
[PR]
by tacae | 2008-06-09 09:47
d0045895_15132264.jpg
これが、うちのアカヒレの稚魚です。
虫めがねを通して写してみました。
実際は4ミリくらいなんですよ。
こんなのが、点々と水槽の側面にくっついてます。
ちゃんともう、魚の形してるんですよね~♪

わかるかしら?
黒い点が目。頭を上にして縦に写ってます。
                                           
[PR]
by tacae | 2008-06-06 15:13 | アカヒレ
生まれました~!
待望のアカヒレの稚魚が10匹ほど確認できました。すっごく嬉しい!!!


生まれて間もない稚魚は透明で3、4mmくらい。
ちーっちゃな透明のオタマジャクシみたいのが、水槽の側面にへばりついてます。
目と思われる黒い点がなかったらわからない。
でも、時々泳ぎ回ってますよ。
ここから、何匹が無事に大きくなってくれるのか・・・
なんだか嬉しくて、また頻繁に水槽をのぞいています。


でも・・土曜から留守するんですよ。
いない間、大丈夫かしら?
離れてる間、気になるだろうな~。
[PR]
by tacae | 2008-06-05 18:01 | アカヒレ
今、私はアカヒレのペア&繁殖に燃えている。

我が家には、年頃のオスのアカヒレ2匹、この春デビューという感じのオスのゴールデンアカヒレ1匹、まだオスかメスか分かりにくいのが1匹、あと3匹のお腹がパンパンなゴールデンアカヒレのメスがいる。それから、さびしげに1匹だけクチボソがいて全部で8匹が、これまで仲良く暮らしていた。


オスのアカヒレはお年ごろ。尾ひれなんかもきれいな赤で、お肌もツヤツヤピチピチだ。
2匹でどちらが頼もしいやつか、時々競っている。
ひれを全部広げて2匹並んで上へ下へと泳いでるのだが、これをフィンスプレッディングといって、縄張り争いだったり、立派なオスだということをメスに誇示しているらしい。
その2匹に、最近オスと判明したゴールデンアカヒレ君が加わり、さらに賑やかに戦いを繰り広げけいる。
アカヒレ君たちはもう、お年ごろ。
子孫を残すなら、この時期だろう。
メスもお腹がパンパンなので、とてもいい機会。
これまでもお腹の大きな子がいたのに、留守中に卵を産んで食べていたこともあり、2度ほど機会を逃している。
今回は繁殖に成功したい。
とはいえ、たくさん生まれたら、もらってくれる人を探さないといけないけど・・・
だけど稚魚から育ててみたいじゃないの。

そこで、魚のお店(さかな屋じゃないよ!)でどうしたらいいか聞き、ネットで検索し、産卵部屋を作ることにした。
大きな水槽のまま産卵したなら、どんなに下に水草を敷いてもクッチー(クチボソ)に食べられてしまうに違いない。
アカヒレの卵って、下に散らばるそうだ。
クッチーときたら、いつも下に餌がないか探してるもの。
だから小さな水槽をまた引っ張り出して、水草を敷いて産卵部屋なる水槽を作った。


さて、ここにどんな組み合わせで入れようか?
一番、お腹のパンパンなメスを1匹入れ、次にアカヒレ君を1匹入れてみた。
様子を見ていると、オスが追いかけまわしすぎて、メスもやや疲れ気味?
やっぱりメスを2匹にするべきだったろうか?
しかし1日たったら、メスオスの立場が逆転。メス、怒ってしまったのだろうか?
オスが近づこうものなら、「フン!」と蹴散らす感じ。卵も期待できず・・・

やはりこれは、ゴールデン同士のほうが良いのか?
と思い、今度はゴールデンのオスに取り換え、メスも2匹入れてみる。
3匹仲が良く、なんだかすっかり和みムード。
オスもオスらしさが無くなったというか…


ああーこの先どうなるのだ~?


一日見ているとすぐに時間がたってしまう。
こんなことしてる暇はないのに~。


しょっちゅう水槽に目をやる私に、主人も「穴があきそうだから、もう見ない見ない。」と、ちょっぴりあきれ顔?

まあね・・・これこそ自然に任せましょう。。。 b(-。-;)
[PR]
by tacae | 2008-06-02 22:31 | アカヒレ